読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ鯖人

みなさん仲良くして下さい。




その後の反日朝日新聞さんですが「信頼回復と再生のための委員会」のメンバーを見て笑った

ネット メディア


 

 もうその後は、書くのも厭になるほどボロボロと化けの皮が剥がれ続けている反日朝日新聞さん。そう言えば先月末にはこんな記事がありました。

慰安婦特集記事の一部を訂正します 朝日新聞社(2014年9月29日05時00分)

 8月5日の特集記事「慰安婦問題を考える(上)」で、朝日新聞社は、韓国・済州島で女性を強制連行したとする吉田清治氏(故人)の証言を虚偽だと判断し、吉田氏に関する記事を取り消しました。初報は1982年9月2日付大阪本社朝刊の記事として、「執筆した大阪社会部の記者(66)は『講演での話の内容は具体的かつ詳細で全く疑わなかった』と話す」と記しました。しかし、その後、この元記者は当該記事の執筆者ではないことがわかりました。おわびして訂正します。

 元記者は社内の取材班の調査に対し、当該記事を含めて吉田氏に関する記事を数本書いたと認めていました。しかし、元記者がその後、海外への渡航記録を調べたところ、大阪市内で講演のあった82年9月1日時点で国内にいなかったことが判明し、記憶違いであることが確認されました。その後の吉田氏に関する記事は実際に書いていました。

 特集記事の掲載後、当時の大阪社会部にいた別の元記者が「吉田氏の記事を書いたことが1度だけある。初報は自分が書いた記事かもしれない」と名乗り出ています。

 初報が掲載された経緯については近く設置する第三者委員会の調査結果を踏まえて紙面でご説明します。

慰安婦特集記事の一部を訂正します 朝日新聞社:朝日新聞デジタル

 初稿を書いた本人はその時、日本国内に居なかったと言うから捏造記事を書ける訳ない訳で、いやあすいません、勘違いしてましたって、捏造記事の検証自体が捏造だったことを示してしまっています。いったい何なんでしょうね。このデタラメな新聞社は。

 そもそも記者という仕事はプライドがあるなら自分の書いた記事くらい何年経ってもちゃんと覚えているものでしょう。そうでなかれば自分の書く記事の論調を保つことはできなくなる。書いたかどうか記憶が曖昧な記者の記事など、本来ならば誤報の基になるので危なくて掲載できないはずだと思うのですが。

 そんな反日朝日新聞ですが、第三者委員会のメンバーはこんな感じです。

委員長には、元名古屋高裁長官で弁護士の中込秀樹氏(73)に就任をお願いしました。委員は、外交評論家の岡本行夫氏(68)、国際大学学長の北岡伸一氏(66)、ジャーナリストの田原総一朗氏(80)、筑波大学名誉教授の波多野澄雄氏(67)、東京大学大学院情報学環教授の林香里氏(51)、ノンフィクション作家の保阪正康氏(74)の6人です。

 まあ、こちらには粛々として検証を進めていただきたいものです。あまり期待できそうもありませんがとりあえず出てくるものを楽しみにしたいと思います。ところで、田原総一朗さんは慰安捏造事件直後に週刊朝日でぬるい記事書いてましたね。バランスを保って書いたつもりなんでしょうがなんの価値も無い記事でした。

 で、お笑いなのがこの「信頼回復と再生のための委員会」です。なんなんでしょうか。このメンバーは(大笑)

 委員会は、当社上席執行役員の飯田真也が委員長を務め、社内からほかに3人の取締役が委員に就きます。さらに4人の社外委員をお招きし、内向きの議論に陥らないよう外部の厳しい指摘を頂きつつ、委員会全体で再生策を探ります。

信頼回復と再生のための委員会発足 社外から4氏:朝日新聞デジタル

 社内の取締役が3人も居て信頼回復も再生もできる訳がないと思うのですが、それはさておき、社外委員の4名の方々がお笑いです。

「冤罪(えんざい)など社会の問題を幅広く発信するジャーナリストの江川紹子氏(56)」
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20141010005442_commL.jpg

企業の危機管理を専門とする弁護士の国広正氏(58)
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20141010005452_commL.jpg

部門の垣根を取り除いたチームの導入などで経営再建を果たした日産自動車副会長の志賀俊之氏(61)
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20141010005434_commL.jpg

テレビコメンテーターも務める社会学者の古市憲寿氏(29)
http://www.asahicom.jp/articles/images/AS20141011000027_commL.jpg

 まあ、人選の意図はわからなくないですが、Twitterの痛い発言で全く信用を無くしている江川ショーコー氏を選んだあたりはさすが朝日。とりあえずジャーナリストをひとり入れたかったのでしょう。

 そして今一番わらえるのが、古市憲寿氏ですね。

【炎上】古市憲寿「中学生の合唱コンクール見てたらブサイクすぎて整形が一般的になればいいと思った」

東京大学大学院に籍を置く社会学者の古市憲寿(28)は10/13、Twitterにて日本人の顔つきを侮辱したうえで整形を擁護する発言を投下し、炎上。現在ネット上でこの発言が物議をかもしている。

【炎上】古市憲寿「中学生の合唱コンクール見てたらブサイクすぎて整形が一般的になればいいと思った」 | netgeek

 いやあ、なかなか素敵なお笑いのセンスを持った方です。子供の頃から整形すべきと言う発言にも受け取れますね。そんなに整形を勧めるなんて整形大国・韓国の関係の方でしょうか?と考えてしまいますよ。

 あ、そう言えばこの古市憲寿さんを「信頼回復と再生のための委員会」のメンバーに選んだ朝日新聞自体が、朝鮮日報日本支局と言われるくらい韓国マンセー、朝鮮マンセーの新聞社でした。そうかそうか、そういうことか。

 これで朝日新聞古市憲寿さんが繋がりました。

 ということは「信頼回復と再生のための委員会」はそういう方向性を持った委員会と言うことですね。よーくわかりましたよw


↓日本がズレているのではなくてあなたがズレているのでは?www

だから日本はズレている (新潮新書 566)

だから日本はズレている (新潮新書 566)


Amazon.co.jpアソシエイト