読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ鯖人

みなさん仲良くして下さい。




創価学会がJTBに対し公明党への選挙協力を要請。JTBは創価学会銘柄でした。就職活動中の学生諸君、気を付けよう!



 

 朝日新聞から引用するのは嫌なのだが、まずは朝日の記事から、

 旅行大手のJTBが、14日投開票の衆院選で、公明党に協力するよう求める文書をグループ2社に送っていたことが分かった。公明党の支持母体の創価学会から依頼があったという。旅行業は国土交通省が所管しており、太田昭宏国交相公明党公認で東京12区から立候補している。

JTB、社員に公明党支援を要請 創価学会から依頼受け - 選挙:朝日新聞デジタル

 どうやら創価学会JTBに対して公明党への選挙協力を求めたようですね。これって公職選挙法云々以前に、政教分離に反していることの証明のような気がするのは気のせいでしょうか?

http://space.geocities.jp/puchirashi/a/a/4.jpg

 もう少し詳しいのがこちらの記事。

 文書は11月27日付で、JTB取締役旅行事業本部長の名前で社員向けに送られた。文書にはこうある。

〈国内研修会をはじめとした各種需要を頂戴している創価学会様より、支援政党である公明党への支援要請がJTBグループにあり、営業政策上の観点から各事業会社においても可能な範囲での協力を求められております〉(以下、〈 〉内は文書から抜粋)

 まず東京・神奈川・千葉に住む社員には比例代表向けに〈公明党の政治活動を支援します〉と題した用紙への署名集めを、太田昭宏国交相と前職の上田勇氏がそれぞれ出馬した東京12区と神奈川6区の居住者には各候補の支援者名簿を作るための署名集めを要請している。

JTBがグループ社員に送った「創価学会様に選挙協力」メール│NEWSポストセブン

 東京12区と言えば、公明党太田昭宏国交相をぶっつぶすと言って田母上さんが立候補したところですよ。

 元航空幕僚長で、太陽の党代表幹事の田母神俊雄氏(66)が、次期衆院選(12月2日公示-14日投開票)に、次世代の党の公認候補として東京12区(北区、足立区西部)から出馬することが28日、分かった。同選挙区は、公明党の大物、太田昭宏国交相(69)のおひざ元。今年2月の東京都知事選で約61万票を獲得した田母神氏は今回、「自公連立分断」を狙っているという。

自公連立分断狙う 田母神氏が激白 太田国交相を標的に東京12区から出馬 (1/2ページ) - 政治・社会 - ZAKZAK

 自公連立分断はわたしも念願としているテーマなので、はっきりいって今回の選挙では一番面白い選挙区だと思ってます。田母ちゃん、がんばれー。

創価学会・公明党の犯罪白書

創価学会・公明党の犯罪白書

 世界有数の旅行代理店であるJTBは修学旅行などの教育旅行や官公庁のイベントなど、公共性の高い業務を多く抱えている。大口顧客とはいえ、特定政党の支援を社員に一斉メールで堂々と要請するのは他の大企業では考えにくい。

 JTB広報室は「グループ2社で協力依頼した。あくまで任意の協力依頼であり、会社として特定の政党を支援することはない」と説明したが、取締役名で社内メールシステムを使っているのだから、「会社として支援」していないという説明はいかにも苦しい。

JTBがグループ社員に送った「創価学会様に選挙協力」メール│NEWSポストセブン

 それにしても情けないのはJTBですね。特定政党、それも公明党創価学会)への選挙協力を取締役名で全社員へメールを流すのだから、これはもう会社ぐるみで公明党の支援団体、つまりは創価学会と言い切っても良いのでは無いでしょうか。

 ただ今就職活動中の学生の皆さん、JTBに入社したら朝礼で「南妙法蓮華経」と唱えることになるかもしれませんよ。よーく考えて会社を選びましょうね。


Amazon.co.jpアソシエイト