読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ鯖人

みなさん仲良くして下さい。




反日朝日新聞(築地人民日報)が沖縄独立を煽っていますよ。



 

 今朝の朝日新聞天声人語から。(せこいのでログインしないと読めなくするから全文引用しておきますね)

 米国のペリー提督が那覇に最初に入港したのは1853年5月だった。日本の開国を求め、黒船で浦賀沖に向かう前のことである。その後も訪問を重ねるうちに、琉球の人々は米国人に友好的になっていった。ペリーの報告書『日本遠征記』が喜ばしげに記している▼翌年7月、琉球王国は合衆国と修好条約を結ぶ。これは琉球が「独立国」と認められていたことを意味する。一方で薩摩藩の支配を受けつつ、他方で当時の清にも朝貢を続ける。「日中両属」の状況下での琉球外交は複雑だったろう▼1879年に明治政府から「琉球処分」を受け、沖縄県となる。それは「国を失う」衝撃だったと、日本総研理事長の寺島実郎(じつろう)氏が指摘している。諸藩が県になるのとは違う。元は独立国だったのだから、と▼いま沖縄県民の間で再び「独立」が語られる。米軍普天間飛行場辺野古移設問題への怒りである。「沖縄が日本に甘えているのか。それとも日本が沖縄に甘えているのか」。翁長雄志(おながたけし)知事のかねての訴えが、怒りの深さを映す▼知事と首相との初会談がきのう実現した。やっとである。首相は辺野古移設が「唯一の解決策」と繰り返し、知事は「絶対に辺野古新基地は造らせない」と応じた。歩み寄りの気配はうかがえない▼首相の言う「日本を取り戻す」の中に沖縄は入っているのだろうか。知事が先日、官房長官にぶつけた問いである。独自の歴史に誇りを持つ沖縄を一層の礼をもって遇しない限り、平行線は交わるまい。

天声人語:朝日新聞デジタル

 朝日のこの必死さ、どこぞの誰から指令を受けているんでしょうね。あ、大陸からですね。そうでしょうそうでしょう。
 沖縄独立を煽って国益を損ねようという築地人民日報、あ、もとい、反日朝日新聞様の主張に笑いが止まりません。

 それにしても天声人語も堕ちたものだ。昔は知らないが今はこんなものを学習して受験すると確実に落ちる。

 ↓間違っても買っちゃだめだよ。

書き写し 天声人語 思い出アルバム

書き写し 天声人語 思い出アルバム

 それでは皆さんごきげんよう。


Amazon.co.jpアソシエイト