読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログ鯖人

みなさん仲良くして下さい。




朝日新聞に反日捏造記事の書き方を学ぶ

ニュース メディア


 

 朝日新聞と言えば反日・捏造新聞ですが、昨日の記事に典型的な反日記事を見つけましたので、ちょっと書き方を学んでみたいと思います。

 例によってお金を払わないと全文を読ませてもらえませんので、引用しながら紹介させて頂きます。

 まず冒頭。

 沖縄本島から北東へ約200キロ。アマミノクロウサギなど貴重な動植物が豊富な鹿児島県奄美大島。この島が今、米軍普天間飛行場沖縄県宜野湾市)の移設計画に注目している。

(2014沖縄知事選@奄美)辺野古へ土砂、是か非か:朝日新聞デジタル

http://blog-imgs-23.fc2.com/y/o/s/yosukenaito/20070427002838.jpg

 冒頭はアマミノクロウサギという希少な動物を取り上げ、奄美にはいかに貴重な自然があるかを紹介し、続けて米軍普天間飛行場へとつなげています。このようにして耳慣れない希少動物と米軍を結びつけることによって、まずは読者の興味を引きつけます。

「朗報だ」。島内の砕石業者は喜ぶ。普天間の移設予定地、同県名護市辺野古沖を埋め立てるため、奄美大島から大量の土砂を購入する計画があるからだ。

(2014沖縄知事選@奄美)辺野古へ土砂、是か非か:朝日新聞デジタル

 次に「朗報だ」と辺野古沖を埋め立てるための土砂を調達する手段が見つかって喜んでいる。と一応新聞記事らしく公平に取材しているんだよと思わせながらも、厭味を一言入れます。

奄美大島には約530万立方メートルの「岩ズリ」と呼ばれる土砂の蓄えがあるとされた。岩ズリは岩を砕いた資材で、コンクリートなどに使うには大きさや材質が適さないもののこと。奄美大島では港湾や空港など大型工事が一通り終わったと言われ、業者は「たまっていた岩ズリが活用できる。新たに山を削らずに済み、雇用にもつながる」と言う。

(2014沖縄知事選@奄美)辺野古へ土砂、是か非か:朝日新聞デジタル

 ここも同様。埋め立てに使用する「岩ズリ」は使用用途の限られる資材であることを紹介してバランスをとります。

奄美、もっと知りたい―ガイドブックが書かない奄美の懐

奄美、もっと知りたい―ガイドブックが書かない奄美の懐

一方で懸念の声もある。「世界遺産が、聞いてあきれる」。奄美大島世界自然遺産登録をめざしているが、奄美市住用町の市(いち)集落に暮らす田川一郎さん(53)は納得がいかない。

(2014沖縄知事選@奄美)辺野古へ土砂、是か非か:朝日新聞デジタル

 ここからが本題。どのような人物なのかは知りませんが一般人を個人名入りで紹介します。これは「ちゃんと取材しました」「地元の声を拾いました」と記事の正当化を行うためです。

 近くの山での採石に抗議を続けてきた。茶色い岩肌が目立つ山。集落まで響く岩を砕く音。頻繁に行き交うダンプカー。アマミノクロウサギの姿は減り、山から流れ込む赤土のせいか、海では伊勢エビが取れなくなったと言われる。

(2014沖縄知事選@奄美)辺野古へ土砂、是か非か:朝日新聞デジタル

 地元の声を代表するかのようにアマミノクロウサギが減り、山から流れ込む赤土のせいか、海では伊勢エビが取れなくなったと言われる。」と書きます。ここで冒頭のアマミノクロウサギにつなげ、だめ押しに伊勢エビを付け加えます。

奄美大島世界遺産登録は沖縄北部の森などとセットでめざしているため、仲間同士だとも考えている。地元から出た岩ズリが辺野古に行くかもしれない――。「奄美の森を壊した土砂が沖縄の自然破壊に使われていいのだろうか、と思う」

 (外尾誠)

(2014沖縄知事選@奄美)辺野古へ土砂、是か非か:朝日新聞デジタル

 はい。これで自然破壊記事の出来上がり。普天間移設先の辺野古の埋め立ては自然破壊ですという記事が完成しました。

 さあ、ここで皆さんもう一度よく読み返してみて下さい。

 朝日新聞の真骨頂はこの部分
 「アマミノクロウサギが減り、山から流れ込む赤土のせいか、海では伊勢エビが取れなくなったと言われる。」

 朝日新聞の外尾誠さんに訊きたいのですが、

  • アマミノクロウサギが減ったという証拠はあるのですか?誰が言ったのですか?
  • 伊勢エビが取れなくなったという証拠はあるのですか?誰が言ったのですか?

 是非とも証拠(統計データ)を示していただきたいものです。
 現時点でこれが捏造とは決められませんが、証拠を提示できないのであればこれは捏造記事です。「言われる」だけで記事にし、あたかも事実であったかのような印象操作を行うのが朝日新聞なのです。

 まとめ
 「言われる」という伝聞調で裏付けもせずに記事を書いて印象操作を行う。簡単でしょ。私でも記者になれそうです。どこかで小耳に挟んだネタの裏をとらず、それが反日に都合の良い内容であれば迷わず作文し記事にする。これの日々の積み重ねが日本軍による従軍慰安婦捏造強制連行があったという立派な捏造記事に繋がっていくんですね。よく分かりました。

 それにしてもこんな伝聞記事を書くだけで年収は軽く1,000万を超えているわけですから、朝日新聞社員というのはとても素敵なお仕事のようです。まあしかし、朝日新聞の記者の皆さんは狭き門をくぐって入社したエリートらしい(伝聞)ですから当たり前ですね。失礼しました。


Amazon.co.jpアソシエイト